• このエントリーをはてなブックマークに追加

レンタカーを借りる際の当日予約、事故対応、事故補償について

レンタカーというのは車を持っていない人や旅行先で車が必要になった人たちなどの足の代わりとなるものです。結構お金がかかるイメージを持っている人が多いかと思いますが、実際のところはそこまでお金はかかりません。むしろ、自家用車の維持費を考えると日々使わない人にとっては安いくらいです。 最近はものをシェアするというのが流行になっています。必要なときだけ借りることができる形態はこれからどんどん伸びていくことでしょう。しかし、きちんとした知識がないとうまく利用できませんし、お金を無駄に消費することになってしまいます。 そのため、車を借りる時にどのようなことに注意をすれば良いのかまとめました。これを読んで無駄のない正しい利用方法というものを学んでください。

当日予約をしたいと思った時に注意すること

レンタカーを借りる際に一番重要になってくることは、いつでも借りられるかということです。仕事で急に車が必要になったときや、旅行先でうっかり予約をし忘れてしまった時など、必要となるシチュエーションはさまざまあります。 この状況にいかに対応してくれるかがいい会社と悪い会社を見分けるコツだといえるでしょう。もちろん、どの会社でも当日予約は受け付けてくれています。ただし、注意してほしいことがあります。それはWeb予約に関しては出発の2時間前までしか受け付けてくれないことです。 Web予約はユーザー側からしたらとても楽な方法ですが、リアルタイムで更新しているわけではないため、すぐには対応できません。しかし、2時間以内でも電話でなら受け付けてくれるので安心してください。

事故対応や事故補償に関する注意点

レンタカーに乗っている時に、車をぶつけてしまったり、ぶつけられてしまったりする人は少なからずいます。そのような状況になったときは慌てずに所定の方法で処理を行うことが重要です。 まず、車がじゃまにならないところに停車して専用の電話番号に電話します。そうすると係の人がこちらに向かって来てくれます。その後、出発店舗に連絡してください。ただし、ここで注意点があります。保険の関係上、示談で済ませようとする人がいますが、示談にすると車両保険が適用されなくなるので、応じないようにしてください。 また、事故補償に関しては免責補償制度に加入していれば一切お金を支払わなくていいというわけではありません。2万円から5万円程度の休業補償というのを支払う必要性がありますので注意してください。